冠婚葬祭 和服み

ビル

冠婚葬祭で和服を着用する場合には、一般的なスタイルがあります

着物は、日本を代表する装いでもあり、古くから着用されているものでもあります。
歴史や伝統もあるものですので、冠婚葬祭の場面でも、大いに利用ができる装いとなります。
 女性が着用する冠婚葬祭の和服は、結婚式の場合には訪問着などが着用できます。
結婚式に招待された場合には、訪問着、あるいは留袖が着用できますが、お仲人さんとして出席するケースもあります。
この様なケースでは、女性は黒留袖などを着用するのも一般的なスタイルになります。
 一方、冠婚葬祭の葬儀の場面では、和服で出席するのであれば、黒の喪服を着用するのが一般的です。
中には、多少色味を加えた和服で出席する人もいますが、故人や遺族との関係性を考慮して着用する事が望まれます。
葬儀の場面では、着物に付随して、草履やバッグなども黒色のもので出席し、数珠などを持参するのが一般的なスタイルとなります。
ファッション性は重視されませんので、もしもポイントを置くのであれば、着物の浮き彫りのデザインなどを自分の好みにしてみるなどが可能な範囲でもあります。